Horse Placenta CP(ホースプラセンタCP) 60粒

  • 10,584円(内税)
医療用プラセンタ製剤のリーディングカンパニー、株式会社日本生物製剤(JBP)とのコラボレーションによる
馬プラセンタサプリメント「ホースプラセンタCP」
抽出方法にこだわり作られた馬プラセンタサプリメント

◇胎盤の能力を極限まで活かせるJBP独自のプラセンタ製法
ポピュラーなプラセンタの抽出方法である酵素分解法は、酵素の反応により、ほぼ完全にタンパク質分解させた後プラセンタエキスを抽出しますが、本来のプラセンタ機能の中枢である「細胞増殖因子」のようなデリーケートな分子を取り出すことが出来ず、粉々に壊れて小さなアミノ酸に分解されてしまいます。 それに対し、JBP独自のプラセンタ製法は、酵素の反応を細かくコントロールし、胎盤本来の機能が活かせる大きめの分子が残るように抽出する製法です。JBPが長年培った臨床的評価に基づき、温度やpH、処理時間・酵素量など抽出条件を決定しています。

◇プラセンタエキスは抽出方法が決め手
ホースプラセンタCPの製品化にあたり最も重視したのが、まず「馬プラセンタ」であること、そしてその「抽出方法」でした。どんなに品質の高いプラセンタ(胎盤)を使用しても製品化における抽出方法によっては、得られる効果が大きく異なってきてしまうためです。試作段階で様々な抽出方法の馬プラセンタエキスを試すなか、株式会社日本生物製剤(JBP)の持つ、特別な製法で抽出されたプラセンタエキスの卓越したテスト結果に着目。同社とコラボレーションすることで、ホースプラセンタCPが誕生しました。こだわりぬいたプラセンタサプリメントの効果を是非、お試しください。

◇馬プラセンタへのこだわり
馬は感染症被害が少ない健康な動物であり、人との共通の感染症も極めて少ないため、安心して摂取できます。また馬に関しては口蹄疫の心配もありません。noanoaホースプラセンタCPは、北海道日高産のサラブレッドから厳選採取した健康な胎盤から抽出したプラセンタエキスを原料につくられています。サラブレッドの出産時には獣医師等による立ち会いのもと、JBPスタッフ自らの手により胎盤採取がおこなわれ、凍結保管(JBPにより冷凍庫設置)の後、独自のコールドチェーン(低温輸送ルート)で胎盤を搬送、完璧なトレーサビリティーを確保しています。

◇医療用医薬品のプラセンタ製剤と同様の抽出技術を用いて製造されています。
〜綾菽峭程…原料の選別と加工
反応制御…反応条件(温度・時間・使用する酵素の種類等JBP独自製法)
C蟒亠蚕僉諜’柔タンパク質・機能性ペプチド等を選択的に作り出し抽出する。
な子分画処理…必要な成分だけを取り出す
ヅ犒覺チ臺敢奸鎚質の生理活性を損なわないように仕上げる

お召上がり方
【摂取目安】
1日…2〜6粒(約1ヶ月分)
朝1粒、夜2粒等ご自身に合ったタイミングで気軽にお召し上がり頂けます。
水やぬるま湯と一緒にお召し上がり下さい。

全成分
プラセンタエキス(ウマ)、HPMC、着色料(酸化チタン)
購入数

上部へ戻る